グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利について

グレーゾーン金利で借入をした人は過払い金請求の可能性が

キャッシングを利用する時に「グレーゾーン金利」という言葉を耳にする機会があると思います。

 

キャッシングを利用する時の金利について考える際に重要な法律は「利息制限法」と「出資法」です。
現在では2010年から施行されている「利息制限法」により金融機関はお金を貸す時には上限金利(15〜20%)を上回る金利で貸し付けてはいけないと決められており、20%を超えて貸し付けると刑事罰の対象になります。

 

しかし2010年以前には「出資法」で上限金利が29.2%と決められていたため、2つの法律の上限金利の間(20〜29.2%)の間で金利を設定していた金融機関が存在しました。
この上限金利20〜29.2%の間を「グレーゾーン金利」といい、もちろん今では廃止されています。
このグレーゾーン金利の時にキャッシングを利用して金利を多く支払っている場合、払いすぎた利息を取り戻すための「過払い金返還請求」を行える可能性がありますので弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。